結婚式に欠席する場合の贈り物

結婚式というお祝いの場に招待されたからには多少無理をしてでもお祝いに駆け付けたいものですが、さまざまな事情で欠席せざるを得ない場合もあります。
そんなときには、ご祝儀を送るのとは別に気のきいた贈り物を考えてみてはいかがでしょうか。
最近では、ご祝儀だけでは社交辞令的でお祝いの気持ちが伝えきれないと思う方も多く、別に贈り物を用意するという方も増えています。
あくまでも気持ちを伝えるという意味の贈り物ですので、高価なものではなく、5000円から10000円が相場です。
個人であれば5000円のもので十分ですし、グループで送る場合には一人あたりの予算はもっと少なくても問題なしです。
具体的に何を選ぶかは新郎新婦の希望を聞くことができるのがベストですが、サプライズで用意したいときにはお花を選んでおくとどなたにでも喜んでもらえるはずです。
花だけでは物足りないという方には、ワインや食器などが一緒になった豪華なセット商品もあります。
お花を送るときには、送る時期に注意するようにしましょう。
結婚式場に送るのも良いですが、式の後、すぐに新婚旅行に出かける予定のある新郎新婦には、あえて式場には送らずに旅行からの帰宅に合わせて新居に送るという方法もあります。
こちらの方が長期間にわたって花を楽しんでもらうことが可能です。
お花選びの際の注意ポイントとしては、花ことばの意味のチェックと4本や9本といった不吉な数字の本数を回避しましょう。